使用事例

カスタマイズされたコースポータル

colada365からBERNINA International AGへのベストアンサー
コースマネジメントにおける登録とプロセスのシームレスな統合は、BERNINA International AGがもっとも必要としていた機能でした。スイス発祥のミシンメーカーであるBERNINA International AGでは、2019年からcolada365を利用しています。コースポータルには状況に対して動的に適応できる、モダンで機能的な機能が備わっています。


リクエスト

縫製コースはBERNINA International AGの製品とサービス戦略において非常に重要な部分です。スイスのシュテックボルンにある本社トレーニングセンターからのオファーは継続的に拡張されています。そのため、センターは「縫製体験センター」として拡張されました。 これにしたがって、顧客(潜在顧客を含む)と訪問者の管理に対する要求も高まっています。

BERNINA International AGは管理プロセスをデジタル化するため、colada.teamにアプローチしました。 なぜなら、コースの発表、連絡、登録、参加、および請求を含むフォローアップを適切にリンクする必要があったからです。

現在では、世界中からにシュテックボルンやってくるコース参加者が完璧に調整されたアプリケーションを受け取ることができます。


アプリケーションの実装

新しいポータルのパターンがcolada.teamで完成した後、コース参加者がベルニナミシンの世界にできるだけ簡単かつ機能的に参加できるように4つの焦点に合わせてアプリケーションが実装されました。

フォーカス 1: コース選択

  • ワークショッププランでは、タイル、リスト、カレンダーなど、いくつかのモードでコースを表示できます。 すべてを検索およびフィルタリングできるため、欲しい情報をすばやく見つけることができます。
  • 各タイルにはコースの内容に加え、可用性/使用率が表示されます。

イベントまたはコースを表示するためのcolada.portfolioシステムは、多数のセッションを表示する必要がある場合に特に適しています。

フォーカス 2: ランディングページ

  • コースの詳細が1ページ内に明確に示されています。
  • 右列の統合されたレイアウトコンテナは、ダウンロード、ログインボタンなどに利用できます。

ランディングページはイベントなどの詳細情報があるcolada365内で使用されます。 プレゼンテーションやコンテンツは自由に調整できます。

フォーカス 3: コースへの登録

  • スタンダードなcolada365登録フォームはBERNINAコースポータルの基盤です。
  • フィールドとリソースはデータ要件とBERNINA CIおよびCDに従って適合されます。 リソース例:コース、材料費等

フォーカス 4: コミュニケーション

  • BERNINAチームは参加者確認のため、電子メールを使用しています。 このメールは、すべての通信要素を備えたcolada365から直接作成されます。
  • 登録および確認プロセスの特別な要素は、自分で印刷できるパーキングカードです。 BERNINAのセンターに車で来場する際、BERNINA社所有の駐車場に直接アクセスできます。



質問・デモリクエスト・アイデア等
LinkedInでフォロー